わきが改善プロジェクトの鬼

わきがは夏はもちろん冬でも臭い、嫌なものです。わきが対策には、3つの方法があります。

まず一つ目は、効果の高い制汗剤を使うことです。制汗剤というと一般的にはスプレータイプを想像するかもしれませんが、おすすめはロールオンタイプもしくはクリームタイプのものです。

スプレー式は脇がサラサラになり爽快かもしれませんが、あまり臭いには効果がありません。ロールオンタイプとクリームタイプのものであれば、脇にしっかりと密着し臭いをおさえる効果が高いです。

また、汗は濃くなるほど臭いがきつくなるので、まめに水分を取ることが重要です。水分をとらないと汗のにおいの素も凝縮されてしまい、わきがとしてかなりの臭いを発します。水分をしっかり取っておけば、汗をさらっとした水のような感触になり、臭いも薄まります。

夏場だけでなく、冬場もしっかりと水分補給をするようにしましょう。それでも、わきがが治らない場合には、皮膚科での手術をおすすめします。脇の臭いが気になってつらいという方にはおすすめです。

脇の下を切開して、臭いのもととなるアポクリン腺を取り除きます。費用もそれほど高くないですし、手術自体も簡単なものなので、根本から臭いの元を取り除いて解決するのもいいかもしれません。

わきががばれないように

私は現在30代前半の、しがないサラリーマンをやっている男性です。

私は”わきが”を気にしながらずっと生きてきています。

自分がわきがであると気付いたのは中学生の頃です。

その日はかなり暑い夏の日で、私は体育の授業の後でかなり汗をかいていました。

するとクラスメイトの男の子が、私を指を指して言うのです。

「お前わきがだろ?くさい!」

私はわきがと言う言葉も知らなかったので、その時は何の事かわかりませんでした。

帰って調べて意味を知った時は衝撃的でした。

私はそれ以来、ずっとわきがを気にしながら生きる事になったのです。

色々考えて手術をしようかとも考えたのですが、資金的な問題とリスクもあるみたいなのでやめました。

そこで私が周りにわきがである事を悟られないように、行っている手段はこれです。

“デオドランドスプレー”を使うという事です。

このデオドランドスプレーはかなり効果的なんです。

永続的な効果というのはないのですが、スプレーをして数時間はかなりわきの臭いをシャットアウトしてくれます。

もちろん定期的にある程度の時間幅をおいて、スプレーをわきにしないといけませんが私はこの方法で何年も過ごしています。

手術をしなくてもこのような方法で、私みたく何年もわきがである事を悟られない事も出来るのでおススメですよ。

わきがの原因と対策

わきが(腋臭症)に悩んで困っている方、今はまだ症状は出ていないがこの先わきがにならないか心配な方は多くいると思います。

わきがの原因はいくつか挙げられますが、主な原因としてはアポクリン汗腺という汗を分泌する汗腺から出る汗にあります。

アポクリン汗腺はわきの下に多く分布しており、そこから出る汗はタンパク質や脂質などの栄養素を多く含んでおり、そのため細菌が繁殖しやすいのです。それが結果として異臭に繋がります。また、わき毛が汗をとどめておく作用があるので、湿度が上がると溜まった汗に細菌が繁殖して異臭を放つ物質が増えてしまう場合があります。

また、最近では昔と比べると高カロリーで脂質の多いものを食べる機会が増えています。油の多い肉などを食べるとアポクリン汗腺が活発に働いてしまうので体臭がきつくなることがあります。

わきがの対策としては、まず偏った食生活を改善することです。高カロリーなものばかりでなく、野菜や果物などもバランスよく摂ることが大切です。また、お風呂の際に必ず浴槽にお湯を溜めて浸かるようにすると良いです。

お湯に浸かり毛穴を広げて汚れを取り除くことで、わきが予防になります。また、ドラッグストアなどで臭い対策の商品が売ってますので利用してみると良いと思います。